参加 2008/09/21

おしながき

ありがとう

おのれとは

'Scuse Me While I Kiss the Sky: Jimi Hendrix: Voodoo Child
Jimi Hendrix Calendar 2003 (Calendars TV Times) Jimi Hendrix: Blues Miles: The Autobiography マイルス・エレクトリック ディンゴ マチスの肖像 Matisse (Taschen Basic Art Series) A Magical Day With Matisse (Mini Masters) 冷酷組織の真実 ザ・インサイド・ストーリー・オブ ディープ・パープル&レインボー (BURRN BOOKS) Guitar Gods (W/Book) ヴィヨンの妻 (新潮文庫) 惜別 (新潮文庫) みんなのブログポータル JUGEM

更に その先へ 最終章

★形にする力 映し出す心 そして楽しむべき事★     
最終章
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2010.11.30 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-
▲top

デトロイト・ロックシティ

2009.08.24 Monday 00:14
 


ドラムの荒ちゃんと飲みに出掛けて、
目覚めれば夜明け前4時。
こそこそと起きて再び酒を。
じゃないと寝れないしね。
夜も白く明けだした頃、帰宅していた長女が起きてきた。
なんでも今日は香川まで遊びに・・・だとか。
好き勝手ご自由な生活。
行動的。何も言わないよ。

荒ちゃんと
約束したセッションを。
俺はギターにも触れて無かったしね、、、
情けなや・・・

何にも出来ないよ当然。
今日は裏を感じる事。ロックじゃさして意識もしなかった事。
リズムの裏。
なんとなく分かった。

俺も何をしたいのか・・・ずっと分からなかったよ。
でも今日感じた。
荒ちゃんも居るしジャズだなと。
全てが課題。簡単な事でもないよ当然。
その分やりがいも。
難しい事ばかりでも無いんだよね。
スケールを整えれは先ずは形に。
そう思っておこっと。
頭っから壁ばかりだと進めないよな。
先ずは枯葉から。
コピーから始めよう。

なんとなく道が見えたよ。



今日の1曲
なんとキッスのヒット曲をジャズで
Alex Skolnick Trio
Detroit Rock City


Band
comments(4)
trackbacks(0)
▲top

薄雲の先の青空

2009.06.04 Thursday 21:00
 

薄く刷毛で塗ったような空。
抑揚も無く心が落ち着く。
朝からcoffeeなんぞを久し振りに。
久し振り振りって言うと、今度のバンド、
クラプトンなんぞをやるらしい。
なんでもよぉござんす。
このトキメカヌ
それは何故かと訊ねたら・・・

オヤジばっかり
オヤジばっかり

大オヤジ 中オヤジ 小オヤジ

敬語を使われてる俺。
悲し・・・あまりに・・・

トキメカナイでしょ。
先入観。

バリバリのCD出してるようなバンドも。
でも気持ちが引いていたよ。
何度もメン募にアクセスしてくれてたんだけど、
もう今更・・・
勿論、書き込みは即戦力で・・・なんて売り込みだからね。


にられば!

やらねば!ね・・・
寝られないといけないし




Band
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

今年は曲作りに!

2009.03.02 Monday 22:27
 
年内に一枚のCD分の曲を、
休む事無く作り上げたいと思ってる。
昨日いちよう4分ほどの曲の構想が見えて、今から見直し。
今回は大ハードロックだけど、拘らずに色んなタイプの曲をやりたいと。
さってと頑張ろっと。

忙しいです。
とっても。
Band
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

大昔の曲を・・・

2009.02.23 Monday 18:07


直せる限り音質を直して・・・
UPしてみました。

こちら

明けても暮れても曲作りの日々。
それでも良かったんだろうけど・・・
今は楽しくやりたい。
同じ苦痛でも。
頭を悩ます事を楽しみたい。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


Band
comments(2)
trackbacks(0)
▲top

時の過ぎ行かぬままに

2009.02.19 Thursday 23:44
 オリジナル・ハードロックを。
死語であろうと、こだわりはハードロック。
はっきりと明記して募集した。
育てる気は無い。
大馬鹿者をと。
明日、仕事だからと言わない者と。


ハードロッカーの定義。

己の道を持つ者。
語れる者。
孤独感を漂わせてるヤツ。
酒も煙草も似合うヤツ。
輝いてるヤツ。
リーゼントじゃ無い。
1拍半目の空間に快感を感じる者。

35年近くハードロッカーだもんな。
言わせてもらう。



Band
comments(2)
trackbacks(0)
▲top

斬れぬ刀を脇に差し

2009.02.19 Thursday 21:41
 


飛び出す羽が欲しいんじゃない。
何処へ向かって。
その方向を見失っている。
どちらでも向けるから贅沢な話しなんだ。
気持ちは爆発寸前。引火しそうだよ。

なんでもやります。なんて。

余裕でもナンでも無い言葉。
迷ってる。

沸々と見え隠れするのは
ハードロックと言う大きな影。

怖いのは、他を見てしまう事。

ハードロッカーが染み付いた体なのに・・・

やれよ

何を迷ってるんだ


脱しようとしたから・・・









にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ



Band
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

男 ハードロッカーとして

2009.02.19 Thursday 00:57
 
自分の足跡を1枚のCDに詰め込んだ。
全てが揃ってる訳じゃない。
思いを込めた昨年の曲も紛失している。
たった一度ステージで歌いながらの曲も見当たらない。
曲作りに追われた日々だったと。
聞き返すとハードロッカーの血が騒ぎ出す。
不惑。
そう。自分のやりたい事が揺るぐ。
捨てられないハードロックへの思い。
背中に背負う生き様でもあると思うから。
人に頼る気も無い。
一人でやればイイんだ。
納得を求めるなら。
妥協なんて俺の人生に有り得ない。
価値も無き物。
だから沈黙してる。
何様?
俺様。
それでイイじゃないか。
全てに理解を求める人生じゃ無い。

さっ、ぼちぼち頑張るか。

鼓膜が破れそうだ。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


Band
comments(4)
trackbacks(0)
▲top

静かな時間

2008.12.29 Monday 01:51
 Purpleをコピーしてた。
なんの強制も無いよ。
楽しみとして。
相手はKeyの居るバンド。
俺はKeyを必要としないギター弾き。
だから当然アレンジに・・・
それを要求するから。
でもリズム事体は変わらないんだよな。
そんな要望に応えてくれるメンツ。
・・・悲しきかなの世界。

こうしようよ。そんな世界。
Wring that Neck
ブルースで演りたいよ。
それだけの事。
バックがしっかり演ってくれればオリジナルは超えれる。
要は主題と、その展開。

なんだけどな〜

荒ちゃんを誘った。
今更・・・ハードも・・・って。
そう。
今更なんよね。
レベルを求めれば音楽性で拒否される。
メン募にPurpleなんて書いたって40代の世界。
仮に集まったって・・・やっぱフラストレーションが貯まれば、
やってる事に嫌になるよ。
気持ち良く演れれば、プレイなんて直ぐ戻る。
今は、そんな状態。

基本は4分でいいんよね。
その中で如何に16と32まで感じれるかなんだよね。
16の休符から16へ。裏打ち。
1秒が1拍とすれば、その1/4の世界の捉え方。
「ちょっと!」この言葉が1拍なんよね。
単純に3連符。そこに微妙なシンコペーションが。
シンコペーション。
それは経験。
リズムのよたり。曖昧さ。
それが乗りなんだ。
メトロノームのカチ・カチ・カチ。
シンコペーションでカッチ・カッチ・カッチ。
同じ3拍の乗り。
これが全然違ってくるんよね。
ドンタ・ドンタ。
これがシャッフルに変わると、
ドォゥンタ・ドォゥンタってね。
?何かおかしいよ?
これが乗りの違い。

判るかな〜?
こんなのバンドだけじゃ無いね。
乗りの違い。感じ方の違い。

全ての音に耳が行く。
だからバックはトリオ以外やら無いよ。
統制が付かないし。

バンドってね究極なんよね。
突き詰めれば。
戦いの中での信頼。
俺を生かすも殺すも、あなた次第。
みんな、お互い様。
頭の中で最高のメンツが組める。
でも実際はね・・・
個人の思いまで崩せ無いよ。

この1拍を感じてくれるなら・・・
待て無いよ。同時進行だから。
俺はGooと思った。
でもヤツは違うと言った。

バンドで生きるなら、もうコピーでいいよ。
でも・・・
でも・・・なんよね。




Band
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

3流は3流で

2008.12.10 Wednesday 00:51
 

書こうと思っても此処へ入れなかったから、、

初めて会ったVo。
もう、これだけ生きてると匂いがする。
15分で理解出来てしまうのかも。
見切り・・・なんて。
神経質で自己主張の強いヤツだった。
3流を抜け出せずに去って行くヤツ。
陽の目を見ず、咲かずに散るヤツね。
匂いがするんよ。

練習後何の連絡も無い。
それぞれの思いがあっても、
なんの連絡も出来無い・・・
未熟だよな。

そう未熟なヤツは出来て無いんだよな。

片や大学生バンド。
心構えだけは・・・

未完成でいいんよ。
其処からの未知のスタートだから。
先ずは姿勢。
姿勢も無く自己を出すヤツ。
裾野の下へ行くほどに・・・
でも原石を探してるんよ。
原石は解るんだよね。

輝きのあるものは、土に覆われてたって輝いているんだ。

俺は年を取りすぎて輝きを主張しなきゃイケない年に・・・

理屈じゃ無いんだ。
ネットでだって出来るヤツ、出来そうなヤツと出会ってるから。

寸分違わず・・・

そんな人間が一人居る。
アシストを絶えず頼んでいるのだが・・・

出したい音の理屈が解る。
感じてる事の意味が解る。
時に男で、時に女で・・・
バイセクシャルなんかじゃ無いよ。
感じる気持ちは女で・・・
そんな事を理解してくれる・・・

最高のアシスト。
阿吽。あ う ん 。

気が合う。
間も合う。

2分休符・・・

信頼が無いとね休符は辛いんよ。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ ←低迷してるよ〜でも平気。銭形平気。ぼちっ。
Band
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

忘却 そして得る物

2008.12.07 Sunday 22:46
 

ギターは既に思った音が出せる。
問題はどれだけ思えるかだよな。
それが引き出しの数。
徳永を2曲コピーした。
レイニーブルーと抱きしめてあげる。
Voのリクエストから。
ほぼ原曲に忠実に。
問題は此処からだよな〜
何処まで幅を広げられるか・・・
来週は2バンド練習。
落ち着きたいよ。
放浪から・・・

こんなに練習してる・・・
忘却と戦ってるんよ。
これには数でしか歯が立たない・・・

何かを得て
何かを失う

全ては得られないよな

だから忘却して行くよ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ ハイ&ロウ!どちらかで・・・あなたの人生が・・・ぼちっ、、


Band
comments(0)
trackbacks(0)
▲top