さぼってないよ〜

参加 2008/09/21

おしながき

ありがとう

おのれとは

'Scuse Me While I Kiss the Sky: Jimi Hendrix: Voodoo Child
Jimi Hendrix Calendar 2003 (Calendars TV Times) Jimi Hendrix: Blues Miles: The Autobiography マイルス・エレクトリック ディンゴ マチスの肖像 Matisse (Taschen Basic Art Series) A Magical Day With Matisse (Mini Masters) 冷酷組織の真実 ザ・インサイド・ストーリー・オブ ディープ・パープル&レインボー (BURRN BOOKS) Guitar Gods (W/Book) ヴィヨンの妻 (新潮文庫) 惜別 (新潮文庫) みんなのブログポータル JUGEM

更に その先へ 最終章

★形にする力 映し出す心 そして楽しむべき事★     
最終章
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2010.11.30 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-
▲top

cry for the nation

2009.10.02 Friday 17:35
 

雨音が
58%のノイズを消している
 
 
 
 
干からびた花が息を吹き返す
飛ぶ鳥が羽を休める
俺は少し離れて
タバコをふかす
雨じゃん しゃかりき
オマージュ
アラフォー終焉
アグリカルチャー的
ワークスタイル
インプロビィゼイション
 
 
 
 
一人にしちゃいけないって
俺が先に言う
言ったもん勝ち
甘えたもの勝ち
 
 
 
 
 
 
濡れたくないわ
私 濡れるの嫌い
痛いのも
優しくされないのも
 
 
 
   
 
 
風任せの風船
駕篭の中の小鳥
雨音につられて目を閉じた
 


 
体がびくっと
意識との分離
  
 
 
 
震えが止まらない
悲しくもない寂しさが
引き潮のように
居るはずのない野良猫が
横切る脳裏
       
 
 
生きてるよ
 
 
  
 
雨に煙る町
激しさの継続とは逆に
叩きのめされた様な脱け殻
 
 
そう脱け殻かも
俺の意識を知らないかい
 
 
静かに携帯が鳴った
 
 
 
脱け殻に友が会いに来るって
俺は雨に濡れた
 
 
 
少しずつ
少しずつ
何かが戻って来る様な…
俺は拒否したい
 
 
それが要らないんだ
 






essay
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

スポンサーサイト

2010.11.30 Tuesday 17:35
-
-
-
▲top

コメント

コメントする










トラックバック

この記事のトラックバックURL