参加 2008/09/21

おしながき

ありがとう

おのれとは

'Scuse Me While I Kiss the Sky: Jimi Hendrix: Voodoo Child
Jimi Hendrix Calendar 2003 (Calendars TV Times) Jimi Hendrix: Blues Miles: The Autobiography マイルス・エレクトリック ディンゴ マチスの肖像 Matisse (Taschen Basic Art Series) A Magical Day With Matisse (Mini Masters) 冷酷組織の真実 ザ・インサイド・ストーリー・オブ ディープ・パープル&レインボー (BURRN BOOKS) Guitar Gods (W/Book) ヴィヨンの妻 (新潮文庫) 惜別 (新潮文庫) みんなのブログポータル JUGEM

更に その先へ 最終章

★形にする力 映し出す心 そして楽しむべき事★     
最終章
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2010.11.30 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-
▲top

まいカントリーみゅーずっく

2009.09.22 Tuesday 21:11



ブラッド・ペイズリーを聴きながら


またカントリーに走りそうで。
60%のジャズと20%のロックと10%のカントリー10%の他。
秋の俺のハートの中身かも。

Music is lifeか
Life is musicか

時間と言うリズムの中で。

ススキの穂が秋らしく風に揺れ、
これ以上と言うくらいに虫達が声を競い合い、
夕暮れ時の空は秋が一番かな。

目が離せない黄昏劇場。

幾層にも重なり輝きも色合いも流れ行く早さもそれぞれに。
その先には変わることの無い青く見える天空が。
立ち止まって時間を忘れる。
独り占めしているかのように。
傍らを帰りを急ぐ車が通り過ぎ行く。

何を見つめているのかって?

あなた方とは違う世界だよ。
この大空の下には俺の好きな物だけあればいい。


カントリーを聴きながらワインディングロードを。
十勝辺りを走りたいな。

遠くの山を感じながら。









essay
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

動かない足

2009.09.10 Thursday 20:54


 日差しが落ちてる

 
勢いを感じない光
部屋の奥まで届かない
だから冷たい空気も
熱せられる事無く
全てが届かぬ様で
 
だから落ち着くんだよ
 
不快な物
車の騒音さえもが
眠りを誘うようで
今 取り巻く物全てが
睡眠薬と成りうるかもしれない
昼下がりと言うより
夕刻前
 
 
俺の前を時間と言う
強制執行人だけが過ぎて行く
 
 
手元がキラリと輝き出した
雲の切れ間
そしてまた暗く
ここ数日 
夕暮れ時に雲が消える
冷たい空気だからなのか
素晴らしくつまらぬ夕日
寒いとまで感じた9月初め
まだまだ時間と共に
冷えゆくね
 
 
冷えてる
冷え込んでる
切実かも



 
essay
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

ハードロッカー風を斬って彷徨う 長編

2009.09.07 Monday 19:09


 メルシー、ボンボヤージュ, ハムカツ、ちんじゃ

各国の言葉で挨拶を済ませ
相変わらずのネすかふぇ
水で溶き溶き
何故かシナトラが
スィングしている この和平
あなたにもあげたい
 
と前置きは此処まで
 
 
窓を開ければ秋の匂い
良かった21世紀
車が空飛んで無くって
郊外を走れば
やっぱ昭和なんだ
探せばモンペ姿の淑女が
潜んでるはず
探せばザンギリ頭の
明治大正の堅物も
 
古臭い秋の匂い
血液に溶け込んで行くよ
拒否反応を起こさない体
男一代無法松と
村田英雄先生が歌ってた
でもあの頃は
ロックの風に吹かれて
ディランがどうだとか
ジミが凄いだとか
うっどすとっくはエロいのか?
サイケはサドオケサの親戚か?
なんて…
 
 
何にも変わって無いじゃねぇか
あんだーまいすきんって
呑気にシナトラが歌ってる
今日と言う日は
世界中の誰に取っても
新品なのに
こんな古臭い風の匂いに
吹きっさらされてるのは
俺だけか?
 
どちら様も笑って宜しく
今日と言う日が
京都じゃ無いって事を
理解して欲しいんだ
それだけの事
時に並んだ言葉の数々が
莫大な無意味であるって事も
忘れずに
 
語らなくても
明日は来るって事だね
嫌なジジイになると思う
家庭で実証済み




黄色に実った田が
刈り取られて行く
パッチワーク
美瑛のパッチワークの丘
思い出してた
 
北の大地に行きたい
逃げたい
淋しいかも…そう思う
 
 
再びシナトラ
ニューヨークニューヨーク
CD入れ替えて無いし
昨日はハードに
だからスクワット休み
 
納得
 
今日は…疲労回復の為休み
 
死ぬかもしれないし
 
 
体がソファーと親密関係
そっとしておいてやろ
シナトラの子守唄
これで目を閉じるなってのは
拷問かもしれない…
 
 
吸ってませんよ
タバコしか
他は…言えません
 
 
 
 
真っ黄色のちっちゃな
蝶が飛んでたよ
紋白蝶よりちっちゃく
もっと濃い黄色
 
どうして捕まえたいという
思いが走るのかな?
捕まえたって仕方ないのに
粗暴な思い
ガキとも…
 
良かったな
老いぼれで
 
俺のキックじゃ
傷付くもの無し
ふ ふ ふ 
 
 
満月を見てご覧
初め赤くて徐々に白く
たぶん見えない時は
酒盛りしてるんだよ
 
違い無い
 
essay
comments(6)
trackbacks(0)
▲top

真昼の決闘2009 レベルの低い

2009.09.06 Sunday 21:06
 

連日の満月ショーですな。
ただで見れます。
プラネタリウムで見るより、どれだけ迫力か。
唯一表面が肉眼で見えるんだよね。

ウサギが餅をついている。

いつもいつも?



今日は日中真昼間にソフトのリーグ戦があった。
連敗続き、いつから勝ち星が?
今日は絶対に勝てる相手。
でもそう思えない所が連敗中のチームなんだろね。

先行で。
先ずは初回、不満ながらも2点先取。
気が抜けた訳じゃ無いけど、裏の攻撃で・・・
止まらぬ10点の猛攻を受けてしまったよ。
猛攻?自滅だね。
四球、エラーで塁を埋め返される。
典型的なダメ負けパターン。
いつ終わるのか・・・20分の攻撃時間だった。炎天下の下。

打って返せばいい!

空しく・・・タバコ1本が吸えない・・・3人で終わる攻撃時間。
余りの点差に打つ術も無く最終回。
この時点で屈辱的な17−4。
審判がまだ時間行けるねと。
正直、終わっても良いかな・・・なんても。
でもでも・・・と始まった怒涛。
みんなの姿勢、視線、意気込み、声が変わって行く。
あと何点!あと何点!なんて声も。
挙句に9番バッターがホームランなんて華も添える。
もう相手チームに勝っているなんて意識が無いのが見えて取れたよ。
ノーアウトの猛攻。
誰が最初にアウトに?そんな声が。
遅いよな。遅いんだ最終回になんてね。
いつか終わる攻撃。終われば9点だった。
17−13。
みんな笑ってた。
たかがリーグ戦、終わりの挨拶なんて形だけ。
でも握手なんかしたりね。
レベルの低い試合だけど、共にハラハラどきどきの総力戦。
負けは負け、でも久し振りにみんなが腹の底から笑って興奮して一つになったよ。
次へ繋がるよ、きっと。
負け続きの雰囲気。
ようやく少し切れたかな。


雲一つ無い夕暮れだった。
余りに見事で綺麗過ぎて、鼻で笑ってしまった。
脇役が無いんだ。
大切さ。
だから雲は面白いんだよ。

野球だって一人で出来ないもんな・・・

強引に。




essay
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

虫の音 満月の輝き

2009.09.05 Saturday 23:09
 


山の麓から顔を出した満月。
顔を赤らめる様に優しく。

気持ちのいい朝の風。
北よりの風が季節の変わりを知らせる。
それでもまだと、じわりと暑さが。
暑い暑いって言ったって4時を回る頃には、
汗も引き出すのを感じるよ。

蝉はどうだっただろう・・・

夕方、如何にも秋らしい筋雲があちこちに。
今日は夕日が綺麗だぞと。
思いを裏切らない夕日の光景。
透き通る空。
夕日に輝く筋雲。
黄金色の田。
楽しいよ、全ての光景が。それが秋なんだろうね。

始まろうとする春の期待感と、
終わり行こうとする秋の情操的な感傷。
季節が与える気持ちへの干渉。
俳句が生まれた背景が納得できるよね。

風呂上り、もう上半身裸も寒いかなと此の頃。
外へ出た瞬間に居場所の分かる月。
煌々と青白く色を変え、天空に一人淋しくたたずんでいたよ。

なにはともあれセンチなのが秋。
アートペッパーを聴きながら。


goodnight



essay
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

さて やるか

2009.08.26 Wednesday 21:25
 

8月なのにね。
みんな秋を感じてるだろね。
それも急激にだから、心身共に上手く対処出来てるかな?
センチメンタルなと言えば秋。
短かった夏。
去り行く夏を惜しむ間もなく秋が来てる。
人の心、気持ちは順応出来て無いんじゃないかな。
5月病と言う様に、9月病なんてもね。

さっ!スポーツの秋!
今度の日曜は久し振りに助っ人なしの9名ギリ。
やればやるほどに自信を失う状態だけど、
このままでは終われめぇ。
気持ち一つなんだ。考え過ぎの状態。
打破は己から。
やるしかないね。

親元がホテルのディナーバイキングに誘ってくれた。
馬鹿ほど、死ぬほど食べた。
あぁぁスクワットも、朝バナナも意味が見えない・・・
体重計が怖いよ・・・
でも怖いもの見たさに今日、乗ってみよっと。

長女が運転免許を取った。
昨日から練習させている。
昨夜は笑顔を失ったよ。
まるで亀なんだもな〜
今日も朝から指令を出してある。特運!
夜、勿論、隣町まで運転。
僅かに2日だけど、確実に昨日よりは・・・
若いからっていうのか。
でもバックがね、バックの意味からしてダメ・・・

まっ 前だけ進め。





essay
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

冷える町

2009.08.24 Monday 23:40
 

今週は予報でも涼しくなると・・・
いや 寒いよ。そんな朝夕。
おそらく最低気温も今週は20度を切るよ。
空の色もすっかり秋色、天高く。
夕暮れ時、同じく西の空に尖った三日月が、
張り詰めた空気の中、煌々と輝いていた。
日没19時の町。野口五郎。

温もりを残して町は冷めていく。


essay
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

クーラー冷え冷え 鼻水だらりんこしゃん

2009.08.19 Wednesday 21:36
 

いよいよ来週から30度を下回って、
20度を切る朝もね。
短い夏だったような・・・
この盆明けが一番暑いような感覚さえ。
寒さには慣れるかも、でも暑さには・・・
頭痛の様なものも感じるよ。
生理的に受け付けないね。

最低って事だよな

グラスに氷。
酒、お茶、コーヒー・・・
冷やせ!冷やせ!体を。
良い事無いって分かってるんだけどね。
脳の沸点が低いんだ。



きっと


トンボが飛びだしてる。
単独で飛び回るもの。
カップル成立なのか?絡みあいながら飛ぶもの。
やはり秋なんだよな〜

一句詠もうか


残暑と うな垂れても 一抹の風
弱り行く蝉鳴く声に また夏を惜しむものかな


夏がありて思う秋
ご苦労さん



essay
comments(0)
trackbacks(0)
▲top

Moonlight Serenade

2009.08.07 Friday 12:51












昨夜、夜風に吹かれてタバコを。
見上げる満月。
抜群に雲の背景がso good
迷う事無く自宅で三脚を組む。

素足に蚊の存在を感じながら。

写真でしか解らない世界かも。
月光に浮かび上がる雲の様相。
怖いほどに美しく。
深夜23時のドラマだよな。

2匹居るのが判るかな?
子供も居たりして・・・
スクープだったりしてね。

見られてるよ。
ちゃんと餅つかないと・・・

今日は降らない!と思った雨も・・・
今宵は顔出してくれるかな?



essay
comments(0)
trackbacks(1)
▲top

夏を感じ夏の対処を

2009.08.03 Monday 23:19

久しぶりに夏の空になった。
ぐるりと見渡す。
2500Mくらいあるんだろうか?
四方に入道雲がこれでもかと。
暑いけど風がさらりとしてる。

そう。
日陰を見つければ生き残れる。
まだまだ気温30度。

汚れた仕事の靴を洗う、丁寧に。今は水仕事が一番の楽しみかも。少々ズボンを濡らそが、お構い無し。
事務所前は絶えず打ち水が…
瞬間の吹き抜ける風がたまらない。

たまらん猫2


昨日久しぶりにレンタルでDVDを。
トムクルーズのワルキューレを。ヒットラー暗殺の実話。
スッキリしない映画だった。
PCでとTVと2回見た。

何枚か借りようと思ったけど、心動かず。

PCの前に居ると、お絵描きからギター練習、はたまた音楽鑑賞から映画鑑賞…
仲間との連絡からブログまで。
魔法の宝箱ぴかぴか

これまた懐かしいボズスキャッグスを聴いてるよ。



essay
comments(2)
trackbacks(0)
▲top